湯村研究室について

研究テーマ

「サイバー空間」「物理空間」「人」の3つの関係性で世界を捉え新しい未来を作る研究を対象として

  • 人とコンピュータの新しいインタフェースの研究
  • 物理空間センシングによるデータの収集と活用

といった研究に取り組んでいきます。

配属を希望する情報メディア学科の1〜2年生へ

希望者多数の場合の選考

情報メディア学科では、2年生の12月頃から研究室配属のための面談が行われます。研究室に配属される学生の数には上限があり、希望者が定員を超える場合があります。2022年度(2021年度の2年生)の配属では定員を超えました。 その場合には、湯村研究室では

  • GPA
  • 研究室とのマッチング(これまでやってきたこと、これからやりたいこと、興味のあること等)

の2点をもって総合的に評価して選考します。 単純に足し合わせではなく総合的に判断しますので、GPAが低いからといって諦める必要はありません。

履修推奨科目

ゼミで扱いたい技術はたくさんあるのですが、すべてをゼミ内で学習するには時間が足りませんので、関連する技術を授業で習得しておいてもらえると助かります。必須ではないですが、履修していることが望ましいですので、履修計画の参考にしてください。なお、独学などで十分身についている場合は履修不要です。

  • メディアプログラミング演習 :Arduino、2年3Q or 夏期集中、守先生・湯村
  • モバイルアプリ演習 :JavaScript、2年3Q、齋藤健司先生・湯村
  • デザインプログラミング演習:Processing、2年4Q、藤原先生
  • インターネットの仕組み:2年4Q、広奥先生
  • Linux演習:3年1Q、広奥先生
  • ゲーム制作演習:Unity、3年12Q、森川先生

上記の科目を履修するために必要な基礎科目

  • HTMLコーディング演習:1年2Q
  • コンピュータ:1年3Q
  • メディア技術演習:1年3Q
  • プログラミング演習I:1年4Q
  • プログラミング演習II:2年1Q
  • ゲームプログラミング・演習:2年3Q
  • など